スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事後

目に映るのは、白い天井。
『何で・・・』
チラと思った、次の瞬間、がばっと体を起こす。
自分に起こったことを思い出したのだ。
ベッドから飛び降りるようにして、降り。
確認したドアに向かって歩き出す。
シュン
あと2歩ほどでドアというところで、ドアが開く。
そこにいたのは@@@@(デオンのこと)だ。
だが、@@@@(デオン)を避けて病室の外へと出ようとする。
もちろん、すんなりと出してもらえるわけもなく。
ガシッと二の腕をつかまれ、力任せに引き戻される。
「どこに行くんだ」
「決まっているだろ、****(エルンストのこと)のところだ」
睨みつけるようにして@@@@(デオン)に言う。
「行かせない」
そういった@@@@(デオン)の瞳の力は強く。
はっと我に返る。
そんなルークの様子を見て、@@@@(デオン)も瞳の力を弱めた。
「****にはカイザーが付いているから」
「カイザー・・・」
過去の名前の会話をしていて、突然出てきた名前に記憶が混乱し。
それが、カイザーの姿と一致するまでに一瞬手間取る。
「ああ、カイザーか」
『彼が付いてくれているなら、大丈夫だ』そう思って、やっと体に入っていた力が抜ける。
ぐいっ
解かれなかった腕をひかれ、@@@@(デオン)の腕に抱え込まれる。
「泣きたかったら、泣いていいぞ」
そう言われ、さらに緊張が緩む。
・・・が、不思議と涙腺は緩んでこなかった。
「誰が泣くか」
そう言って、@@@@(デオン)の背中に手を回した。



翌日。
「よし、異常はないようだな」
尋ねていったルークを果樹園に案内しながら、
エネルギーの様子をチェックしていたフェーンが言う。
「そう」
返事をしながら、伏せ目がちに答える。
まだ浮かない様子のルークを横目にしながら、
「隊長から聞いたぞ。面白いな」
と、フェーンが言った。
そう言われて、ルークは「???」首をかしげる。
最近、面白いようなことをしただろうか。
怪訝な顔でフェーンを見ていると、
「カイザーから聞いたんだが。
 エルンストも目を覚まして、
 すぐお前のところに駆けつけようとしたらしい」
「・・・・・」
フェーンが言ったことを反芻して、なんて言っていいのかわからず、
ルークはただフェーンの顔を見た。
「仮設コードがなくなったって。
 お前達のお互いを思いやる気持ちは、変わらないんだろう」
そう言って、フェーンは腕を伸ばし、ルークの頭を撫でる。
『そうか・・・そうかもしれない』
「後、数日経ったら、直接会っても大丈夫だろう」
そう言いながら、フェーンが足を進めた先は、果樹園の水場。
果樹園の中でも、気の良い所でルークのお気に入りの場所だ。
いつもは何もないそこに、テーブルが置いてあり、その上に大きめの箱が置かれている。
「これ、頼んでとっておいてもらった」
フェーンがその箱を両手で大切そうに持ち上げた。
フェーンの視線に促され、その箱の蓋を持ち上げる。
ふわ~っと舞い上がる光の粒子。
箱から零れ出たそれらはふわふわと空中に漂い、空気に溶け込んでいく。
「やっぱり完全には保存できないな」
箱の中のコードを覗き込んでフェーンが言う。
実際に見るのは初めてで、物質化されたそれはコードというよりは、燃え残ったインセンススティックのような、脆い物だった。
「こんなふうにして・・・」
フェーンを真似て箱の中に残るコードを光に還していく。
元々光に戻っていく物は、ちょっと光を送っただけで化学反応のように光と化していき、箱からふわふわと漂い、舞い上がって空気に溶け込んでいく。
『ありがとう。本当に今までありがとう。ありがとう』
上がっていく光、一つ一つに感謝の気持ちを込めて、・・・手放した。

--------

補足:
フェーンさんとの身長差が10cm以上あって、なんかフェーンさんからしてみると、
も~、弟をあやしている感じがするんですけど。
ま~、ことがことだけに、甘やかしてもいいと思ったのもあるんでしょうけれど。
仮設コードの撤去は、フェーンさんがしたのではなくて、もうちょっと上の方に行って、やってもらったようです。
フェーンさんは前後の体調チェックと、心のケアをしてくださりました。

デオンが行かせなかったのは、「数日間は会わせずに様子を見よう」という話があったからです。
今回はデリケートな問題だったからか、
「気になるし、傍にいたいけれど、そうもいかないだろう」
と、エルンストに配慮して、前日~術直前は一切顔を見せませんでした。
(どうも、術中は外でうろうろして待ってたらしいけど)
スポンサーサイト

なんかさ~、

こっちはそんなこともなくブッツリと切られたような気がするなぁ。
あっさり、きっぱり。

多分事情が違うからでしょうねぇ。

☆たかさん

> こっちはそんなこともなくブッツリと切られたような気がするなぁ。
> あっさり、きっぱり。
>
> 多分事情が違うからでしょうねぇ。

うん、やっぱり事情が・・・・。
・・・ってか、私が往生際が悪かったから・・・とか?
たかさんのコメント見て、一度手術から逃げ出したのを思い出しましたi-237

余りにヘタレなんで、甘やかしてもらってるのかも~(爆)
非公開コメント

Calender
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事
最近のコメント
リンク
FC2カウンター
プロフィール

wakka00

Author:wakka00
アロマ・レイキの勉強中。
神秘幾何学なんかも大好きです。
一昔前を考えたら、これって魔女かも!?
魔女見習いの奮闘を日々お送りしてますv

mixiバナー
mixiもやってます。
突っ込んだスピ話はマイミクさん限定♪

じぇいど♪さんのところのなにみえ遠足3期生。
ステーションやクリロズ、アカデメイヤに挑戦中。

 
チャットしてください
 Skype:wakkakka00

--------------

なにみえカードFlash版バナー

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード
グリムス
moon calender
Mail Form

Name:
Mail:
Title:
text:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。