スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再会2

「あんまりうだうだ言っていると、放り出すぞ」
「はぁ?」
「今、警備の責任者は俺だ。
 放り出されたくなかったら、ルークが、なんて言ってないで、
 当初の仕事に専念するんだな」
「うぅ・・・・・」
デオンの勢いに押されて、カレンはしぶしぶうなずいた。



──が、その場が収まったのは、ほんの数時間。
打ち合わせが終わり、定時が過ぎた途端、
「今日は時間外なし! さ~、ルーファ語り合おうか!」
お互いの間を隔てていたいくつかのブースの上を、カレンの大きな声が横切る。
「ルーファ!ルーファ!!」
「・・・・・」
「ルーファ!
 所長さん、ルーファはどこにいるんですっ?」
じれたような声が、大きく響き、数人の研究員がそれぞれのブースから顔を出す。
それでも肝心のルークの反応はない。
「・・・集中しているようですね」
所長が苦笑いをする。
「どちらにしても、今日は夕飯をご一緒するように手配してありますから」

施設内のレストラン。
「──って。
 こっちは久しぶりに語り合うのを楽しみにしていたのに。
 冷たすぎるぞ」
目の前のカレンはブツブツ言いながら食事を口へと運ぶ。
予約時間の20分ほど前までルークを待っていたカレンとその助手(?)、所長。
結局、所長に呼ばれるまで、時間が過ぎたのも、そんなことがあったのも気づかなかったルークは、
「ごめん」
と言うしかなかった。
素直に謝られて、機嫌も上昇したカレン、食事をしながら話を振る。
「それで、どうしても□□□の件について、ルークの意見を聞きたんだけど」
「あ~~。この間***で紹介されていた論文の件?」
「それそれ。あれの=====がすごい引っかかっているんだ」
「え、そうなんですか?僕は******って解釈しましたが?」と助手。
「ああ、私もそう判断してましたけど」と所長。
微妙に専門は違うけれど、元は同じ畑のようなもので。
4人の話はどんどん白熱し、
「あの・・・コースは終了しているのですけれど」
と、声をかけられるまで、出されたものを口に運びつつ、専門的な話に花を咲かせ・・・。
サロンに場所を移し、さらに語り続けることになったのでした。
スポンサーサイト

久しぶりに会って雑談のシーンをダウンロードしたんですね。
彼らがふつうにしてる専門的な難しい話を受け取るのは大変ですよね。笑

☆m美ちゃん

> 久しぶりに会って雑談のシーンをダウンロードしたんですね。
> 彼らがふつうにしてる専門的な難しい話を受け取るのは大変ですよね。笑

も~、全然、話の内容がわかりませんでした~i-237
でも、内輪の話で、ツーカーでテンポよく話せる楽しさは
びんびん伝わってきました。
好きなこと、興味のあることで盛り上がっている時って、
やっぱりすごいですよね♪
非公開コメント

Calender
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


最近の記事
最近のコメント
リンク
FC2カウンター
プロフィール

wakka00

Author:wakka00
アロマ・レイキの勉強中。
神秘幾何学なんかも大好きです。
一昔前を考えたら、これって魔女かも!?
魔女見習いの奮闘を日々お送りしてますv

mixiバナー
mixiもやってます。
突っ込んだスピ話はマイミクさん限定♪

じぇいど♪さんのところのなにみえ遠足3期生。
ステーションやクリロズ、アカデメイヤに挑戦中。

 
チャットしてください
 Skype:wakkakka00

--------------

なにみえカードFlash版バナー

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード
グリムス
moon calender
Mail Form

Name:
Mail:
Title:
text:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。