スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタンプ1

エレベーターで知った顔に会わないよう、階段を選んだ。
ズキズキと痛む頬を押さえながら一歩一歩上る。
研究室まであと少しというところで、
『あ、トイレで確認して冷やした方がいいのか』と思ったが、
荷物は全て研究室においてあるかばんの中で、ハンカチすら持っていない。
それに・・・研究室の冷蔵庫には保冷剤があるはず。
やはり先に研究室に行くことにした。

「ぶあっはっはっはっ、ルーファ!見事なスタンプだなっ」
ルークが頬を押さえていた左手を外すなり、カレンが爆笑する。
それに合わせて、他のメンバーもどっと笑う。
「スタンプ・・・」
あまりにもひどい例えに、ルークは脱力する。
「だってさ、あ~~~っと、あったあった。
 ほらほら、見てご覧よ、指のあとがくっきり」
カレンがルークの横にきて、一緒に鏡をのぞきながら、ルークの左頬をさす。
「・・・本当だ・・・」
覗き込んだ鏡には、真っ赤に5本の指のあとまでも残った手形が写っていた。
まさにスタンプのようで、カレンの表現のうまさに、変に感心する。
「だろう~」
カレンは得意げに笑った。


「ええっ」
「お前彼女いたの!?」
事の顛末を話し始めたところで、仲間達が驚きの声を上げる。
「全然、そんなそぶりなかったじゃないか」
タイラーがルークの頭を小突く。
「そぶりも何も・・・付き合うことになったのが、1週間前?10日前くらい??」
4人が息を飲む。
「そりゃまた・・・」
「気の毒~」
セインのセリフを引き継いでカレンがおどける。
この1週間ほどは実験で研究室に詰めっきりだったのだから。
「無理だって断ったのに。
 いや、実験中だから無理だとかじゃなくて・・・。
 今は付き合うとかが無理だって言ったんだけど」
「押し切られたわけか」
アルフが察して言う。
言葉なくルークはうなずいた。
拍子に、ちょっとはれた頬が痛む。
「お昼を一緒に食べたいって言われて、お昼を2回食べに行って。
 今度は夕飯・・・。データが出る日だったから、送り届けてすぐ帰ってきて」
『お茶でも飲んでいく?』というのを断った時点で、かなり彼女はご立腹だった。
その上、昨日まで完全な缶詰で、連絡が来てもそれに出るのすらもったいないくらい忙しかったのだ。
「今日呼び出されて・・・。
 「私と研究どっちが大事なのっ!?」ってさ」
「あ~~~~~」
4人は一斉に天を仰いだ。
「──で、お前は“研究”って答えたわけだな」
タイラーが確認する。
「うん」
無理だというのに、押し切られ、忙しいのに振り回された挙句のそのセリフ。
押し切られた自分が悪いことは重々承知していたが、心が冷えて、本当のことを言いたくなってしまったのだ。
自制できなかったことと、傷つけてしまったことで、ルークは自己嫌悪に陥っていた。

「そりゃまた・・・」
「なぁ・・・」
沈黙が部屋に満ちる。
本来ならば、「お前、ひどいことを言ったぞ」と言いたいところだが、状況を考えると言いにくい。
かなりゴリ押しをして、彼女という立場に納まったのは察することが出来る。
気を許した仲間内では、多少流されるものの、対女性面では気を持たせることなく、断っている場面を4人は偶然見たことがある。
すっかり暗くなってしまった雰囲気を断ち切るように、
「あーーー、お前の気持ちもわからなくはないな」と、セインが突然言った。、
「なんかさ~、“私と付き合っているうちに、変わる”“変えてみせる!”
 みたいなのがないか~。それって」とタイラー。
「こいつの生活感のなさは、そういうタイプの女を引き寄せるってことだね」
と、カレンがしたり顔で言う。
「お前が言うか!」
セイン、タイラー、アルフ、3人がカレンに突っ込んだ。
カレンもルークに負けず劣らず、生活感がない。
ただ、カレンの方が輪をかけて強気だ。
「言ったっていいじゃん!本当のことだし。
 俺は似たようなのが来ても、はっきり断っているぜ」
・・・断っているというよりは、完全に無視をして、とりつく島を与えないだけ。
好きな男にその態度をされるのだ、相手はかなり傷ついているだろう。
3人は内心思う。
「どっちが性質が悪いんだろうねぇ・・・」
アルフが視線を泳がせて一人つぶやいた。
スポンサーサイト

ふふふ

彼女と言っていいのかどうか
付き合っていたと言っていいのかどうか・・・
怪しいけど・・・
そんな事だと思っていました♪

災難でしたね~(笑)

やっぱり、デオンさんが一番だねv-218

☆ひなたん

> 災難でしたね~(笑)

今で言う、肉食系女子ってところでしょうか・・・。
強さが違います。はぁぁ。

> やっぱり、デオンさんが一番だねv-218

結論はやっぱりそこ?(笑)

No title

ルークさんに惹かれるタイプですが・・・笑
でもそういう研究家気質の人が好きなので
変えてみたいとは思わないです。v-343
もぉ大好きですー。^^

☆m美ちゃん

ありがとう~i-178

デオンさん、エルンストさんファンが多いから、嬉しい~♪
非公開コメント

Calender
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事
最近のコメント
リンク
FC2カウンター
プロフィール

wakka00

Author:wakka00
アロマ・レイキの勉強中。
神秘幾何学なんかも大好きです。
一昔前を考えたら、これって魔女かも!?
魔女見習いの奮闘を日々お送りしてますv

mixiバナー
mixiもやってます。
突っ込んだスピ話はマイミクさん限定♪

じぇいど♪さんのところのなにみえ遠足3期生。
ステーションやクリロズ、アカデメイヤに挑戦中。

 
チャットしてください
 Skype:wakkakka00

--------------

なにみえカードFlash版バナー

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード
グリムス
moon calender
Mail Form

Name:
Mail:
Title:
text:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。