スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タクト2

「いいか、何度も言っているが、SPになったつもりで守り通せ」
どアップの隊長の顔に、かなりおののきつつ、オレは返事をした。
「はいっ」
オレに近づけていた顔を遠ざけ、腕組みしながら隊長は言う。
「ま、お前が踏んだ地雷だ。いわば自業自得だな」
地雷・・・自業自得・・・。
ある意味、そうなのかもしれない。

ルークさんの警護という形で、一緒に町まで行けることになったオレを待っていたのは、分厚いマニュアル&たくさんの書類だった。
「これを機に、SPマニュアルに目を通しておくといい」
そう言って、隊長が持ってきたのだ。
軍なのにSPって・・・と、オレが突っ込めただろうか(泣)
おまけにルートを調べたり、スケジュールを立てて、提出したり。
・・・今回はあくまでも、簡単なお出かけだったので、下見などなしの机上で済んだけど。

救いは、結果としてルークさんとたくさん時間が共有できたこと!
肩を寄せ合い・・・いや、机をはさんでだから、額を寄せ合い、か・・・。
ルークさんの希望を聞いて、スケジュールやルートを立てる。
あの幸せな時間がなかったら、オレ、絶対くじけてたよなぁ・・・。

なんて感傷に浸っていると。

「──おまたせ?」
ルークさんが姿を現す。
ああっ、私服姿もキレイです。
いや、時々はお見かけしていましたが、今日は一段と!
「デオン?」
一緒に待っていた隊長に声をかけている。
「町に行ったら、タクトから離れるんじゃないぞ・・・」
隊長から諸注意をされているようだ。
はいはい、とうなずきながらうんざりと聞いている様子をみて、ふふふふと思う。
オレは、今日のためにベストを尽くす!
心の中で固く誓った。

「じゃ、行ってくるから」
シャッ
隊長に手をひらひらさせるルークさんを待ち、オレ達はドアから出た。
駐車場に向かう。
「今日はありがとうな」
ルークさんが言う。
「いえいえ、とんでもありません。こちらこそ、思いつきでお誘いしちゃった結果・・・」
と、苦笑いする。
視線をあちこち、借りられることになった、車を探す。
「・・・あれ、ですね」
キーに書かれた番号と車体に記されている番号を見比べる。
ジープタイプと思いきや、ごつめのステーションワゴンだ。
後部座席のドアを開け、「どうぞ」と言う。
「え?いいよ、前で」
「そういうわけにも行かないんです、警護なんで」
察してください、と視線を送る。
「面倒だなぁ・・・。ったく、デオンめ」
そういいながら、ルークさんは乗り込む。
「じゃ、ゲートから出たら、途中で止めて。
 助手席に移るから」
そういわれた。
「え、でも・・・」
「いーの、いーの、デオンは見てないんだから」
「あ、はい・・・」

一緒にスケジュールを立てていてわかったことだが、
「今までこんなことしたことないぞ」(ルークさん談)だそうだ。
つまり、隊長とルークさんが出かける時は、書類不要のフリーパス状態だったらしい。
職権乱用・・・。
警護という立場上オレが制服のまま、と知ったルークさんが交渉して、私服でO.K.という顛末もあった。
もちろん、隊長が一緒の時は、隊長は私服だったそうだ。
そんないきさつがあり、すっかりルークさんは隊長の過保護ぶりにおかんむりなのだ。

運転席に乗り込む。
「じゃ、出します」
オレは車を発進させた。
ゲートまで向かう。
門番の友人に手を振り、ゲートを通過。
ふもとまで続く一本道に合流する手前でとめる。
ルークさん、勝手にドアを開け、助手席に乗り込んできた。
「やっぱり、こっちの方が落ち着く~」
なんて言っている。
外の流れていく景色を見ているのか、肘を突いて向こうをむいている。
ああ、横顔が見られず、残念。
でも、隣でリラックスしててもらえるというのは、男冥利?警護冥利?
・・・ああ、何でもいいけど、冥利に尽きるというもので。
オレはちょっと嬉しくなった。

「俺、今までずっ車でと出かけていたんだけど、普通はどうするの?」
思いついたのか、ルークさんがきいてきた。
「ちょっと先・・・あ、あすこに、バスの停留場があるんです、ほら」
「あ、本当だ、気付かなかった」
「あれで、町まで・・・1時間くらいですかね」
「ふーん、知らなかったなぁ・・・」
これを皮切りに、町までいろんな話ができた。
警護万歳!


-------

さすがに、『キレイはないだろう』って突っ込みました。
恋は盲目ってやつですね。
特別な服装じゃないんです、こちらの感覚だと、ジーンズとシャツ。。。
スポンサーサイト

がんばれ!www

がんばれ、タクトくんwww

ここで突っついてもデオンさんには嫉妬のしの字もないかぁ~・・・残念w

てことは、タクトくんの1人勝ち・・・???

☆よしひなさ~ん

> ここで突っついてもデオンさんには嫉妬のしの字もないかぁ~・・・残念w

なんてことを!(笑)
いや~~、内心穏やかではない・・・と信じたいです。

> てことは、タクトくんの1人勝ち・・・???

ふふふふ、どうなるのか。
私も楽しみi-278
(って、知ってるのに・・・)
非公開コメント

Calender
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


最近の記事
最近のコメント
リンク
FC2カウンター
プロフィール

wakka00

Author:wakka00
アロマ・レイキの勉強中。
神秘幾何学なんかも大好きです。
一昔前を考えたら、これって魔女かも!?
魔女見習いの奮闘を日々お送りしてますv

mixiバナー
mixiもやってます。
突っ込んだスピ話はマイミクさん限定♪

じぇいど♪さんのところのなにみえ遠足3期生。
ステーションやクリロズ、アカデメイヤに挑戦中。

 
チャットしてください
 Skype:wakkakka00

--------------

なにみえカードFlash版バナー

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード
グリムス
moon calender
Mail Form

Name:
Mail:
Title:
text:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。