上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スピコミ153

今思うと、ルース、自分が彼女がいないときだったんでしょうねぇ・・・。
この後、はっと我に返り、
「第一、この部屋もすごくきれいになっているじゃないか~!」
と、失礼なことを叫びまして。
「俺だって、来るのがわかっている時ぐらい、片付けるよ」とルークに言われても、
「やっぱり、彼女がいるんだぁ~!会わせろよ~!」
・・・ってしばらく言ってました

今回、思い出して。
『歯ブラシだの、部屋だの・・・チェックするなんて小姑か!?
と思ったのは言うまでもありません

騒がしい人だなぁ・・・兄ちゃんって。
スポンサーサイト
先日紹介した、 考えない練習
 
 
読み終わりました。

第1章で、

 こうした、無意識の──すなわち意識できないほどの短時間にあらわれては消える──思考が引き金となり、次々と新しい思考が連鎖して、私たちを考えさせているのです。たとえば、「がーん、どうしよう」という思考から連鎖し、「この仕事が失敗したらどうしよう」とか「もし失敗して、あの人からバカにされたらどうしよう」とか、思考が勝手に暴走し始めるかもしれません。
 こうして心の中での独り言しての思考がぶつぶつと増殖すればするほどに、心のメインメモリは無駄な雑念に食いつくされてしまいます。ゆえに目の前の風景や人の表情をクリアに認識することもできなくなったり、自然の音や人の声をしっかり受け取れなくなったり、食べていても味わっているという実感が抜け落ちてしまい満足できなるなど、自分がしっかりと生きているという充足感が欠落してしまうのです。

(略)

それらすべての大本は、「目の前の現実はフツウすぎてツマラナイ、ネガティブな考えごとは刺激的」ということ。新たな刺激を心に与えるために、思考はネガティブな方向へと暴走していくようにプログラムされているのです。この「思考病」、思考とういう病にかかりながら、少しずつ知らず知らずのうちに「無知」になり、呆けてっているということ。それを知れば、おいそれと心の中で無駄なお喋りをぶつぶつ続けていられなくなることでしょう。

<考えない練習/著:小池龍之介 P21~23より>


↑ここで出てくる、メインメモリを食い尽くす無駄な雑念を、“ノイズ”と表現している部分があります。
「思考病」を克服するための具体策として、第2章から、話す・聞く・見る・書く/読む・食べる・捨てる・触れる・育てるを仏道の考えを通して、ノイズを手放し、心を軽くし、充足感を得ていこうという感じでしょうか。



第3章で、(脳研究者、池谷裕二さんと著者の小池さんの対話部分)小池さんが、

 私はいわゆる日本仏教ではなく、原始仏教系の瞑想をしていますが、日本に伝わっている禅宗系の瞑想は中国で老荘思想と混ざり、実質的には同郷の影響を大きく受けたものです。
 そうして変質する前の原始仏教の座禅瞑想は極めて科学的かシステマティックなものだったんですけれど。


とおっしゃっています。
ここの、科学的&システマティックという言葉は、第2章を読んでいると、実感させられます。
この本を通して、仏道の考えがこんな風になっていたのか~とても新鮮でした。
本当に、私たちが接している仏教って、そういう科学的なものよりは、魂の救済とか・・・、より宗教色が強いものだったのだな、と。


この本を読んでいて、とにかく思い出したのが、以前紹介した、マーク・トウェイン著の“人間とは何か”
この本で、マーク・トウェインが“人間は結局外からの刺激で反応する機械みたいなものだ”という考えを、老人に語らせています。
初めてこの本を読んだのは高校生のときで、反論もできず『もっともだ~』と思っちゃって、しばらく落ち込んじゃったんですけど。
今回の本を読んでいて、改めて、自分がいかに自動反応で、ノイズ状態でいるのかに気づき、がく~~~。
・・・が、がっくりから、立ち直る一言が。

3章の対談 池谷さん

 人間の行動はほとんどが脳の反応によるもので、本当は自由意思なんてないんだ、自由否定しかないんだというと、そのことを悲しいととらえる人がとても多くて、逆に私は衝撃を受けたんですけどね。
 反射しかないんだったら、その反射を鍛えれば良い、むしろやることが限られて良いじゃないかなと思うんですが。

と。

この本のテーマは、ノイズに気づき、ノイズをクリアにしていくこと何だと思います。
それっていうのは、気づかなければ、ただ反応したまま一生を送っていくだけなんだけど、気づくことで世界がクリアになって、より新鮮な目でいろんなものを見ることができる、入り口なのかもしれないな・・・と思いました。
マーク・トウェインの話も記憶に残ったのが、変な無力感だったのでそちらが印象づいていて、もしかしたらこんな風に出口が示されていたのかもしれませんが。

もし、本屋で見かけたら、手にとってパラパラと見てみてください
Calender
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2010年05月 | 06月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


最近の記事
最近のコメント
リンク
FC2カウンター
プロフィール

wakka00

Author:wakka00
アロマ・レイキの勉強中。
神秘幾何学なんかも大好きです。
一昔前を考えたら、これって魔女かも!?
魔女見習いの奮闘を日々お送りしてますv

mixiバナー
mixiもやってます。
突っ込んだスピ話はマイミクさん限定♪

じぇいど♪さんのところのなにみえ遠足3期生。
ステーションやクリロズ、アカデメイヤに挑戦中。

 
チャットしてください
 Skype:wakkakka00

--------------

なにみえカードFlash版バナー

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード
グリムス
moon calender
Mail Form

Name:
Mail:
Title:
text:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。