上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「出たぞ」
「うん」
生返事をしながら、分類した本を捻りながら重ねていく。
ただ積み上げてしまえば簡単だけど、せっかく分類したのがもったいなかったのだ。
「お前な・・・それは片付けているとは言えないぞ」
半ば呆れた声で、デオンが歩み寄りながら言う。
積み上げた本のバランスを見てから、彼の顔を見上げた。
「・・・こざっぱりしたね。・・・というか、垢抜けた?」
「お前、失礼だぞ」」
先ほどまでの無精ひげもなくなり、なんとなくくすんでいた肌がきれいになった気がして、素直に言えば、そう切り替えされた。
『目の隈に触れないだけ、いいと思うけれど』
そう思いながら、顔から本へ視線を戻し、本の片付けを続ける。
「飲み物もらうぞ」
「うん」
そう返事をして、はたと気づく。
『冷蔵庫はっ』
次の瞬間、
「ルーク、何だこれは!!?」
デオンの怒声が部屋に響いた。



喉が渇いて目が覚める。
ちょっと飲みすぎたらしい。
そっとベッドから降り、リビングへ続くドアの前へ。
そこで、そっと耳を澄ます。
デオンも寝ているようだ。
そっとドアを開け、リビングへと入る。
足をしのばせ、デオンの眠るソファベッドの横を通り過ぎ、キッチンへと向かう。
灯りを点さなくても、部屋にある機器の小さな明かりで、充分足元が見え、無事キッチンの冷蔵庫までたどり着いた。
冷蔵庫を開けて、水のボトルを取り出し、ごくごくと喉を潤した。
──と、かすかな音?
音の主を探せば、デオンだった。
うなされているのとは違うようだが、かすかなうめき声を上げている。
またそっと足をしのばせ、デオンの元へとたどり着く。
そ~~~っと顔を覗き込めば、思いっきり眉間に皴を寄せている。
この顔は・・・苦悶というよりは、怒り?

叩き起こすことも考えたが、昼間見た目の下の隈を思い出す。
ここ数日、余り熟睡していなかったのだろう。
『苦手なんだけど』
そう思いつつ、ケットから出ていた腕の上に手をかざす。
エネルギーが眠りを妨げないよう、少しずつ浸透していくことを意図して、流し込む。
それでも・・・。
「うん?」
ふとデオンが目を開ける。
さすがに、気配に敏感なだけある。
「ルーク?」
そう言いながら、意図に気づいたらしい。
「悪いな」
そう言って、また、目を閉じた。
『まったく、無理をするんだから』
そんなことを思いつつ、ヒーリングに集中する。
『“自己ヒーリングもいいけれど、その人のことを考えてくれる人から、
 やってもらうヒーリングは効果があるって言うし”』
昔、彼に言われたことを思い出しながら。



数日後。
「じゃあな」
先ほどまでの口うるささ──食事だの掃除だのについてだ──が嘘のように、あっさりとそう言って、デオンは帰っていった。



そして・・・さらに数日後。
思わぬ訃報が飛び込んできた。
「え?****が!?」
それは・・・・・・知人の息子の死の知らせだった。

----------------------

当時、参列した葬儀で、お別れの際にも開かれることのなかった棺。
その当時も、何かあってのことだとは察していましたが、
今回のことで、深い真実を知りました。
デオンもさすがに、関係者とルークが知り合いだったとは知らなかったようです。
『今から行くから』
「え、ちょっと」
慌てて言ったものの、相手は通話を切った後。
「はぁ」
思わず、ため息をつく。
周りを見回して・・・・。
「どうするかな、この部屋」
そう呟いた。



家までかかる時間を計算しようとして、どこにいるのかを聞くのを忘れたことに気付く。
普段は5時間ほどかかっているらしいから、5時間を目安にして・・・。
『あ、冷蔵庫の中もどうにかしないと、どやされるな』
そう思う。
5時間もある・・・とりあえずは、片づけから。
確かにそう思ったのだった。



ガンガンガン
ガバッ
耳で認識した音、その音の意味に気づき、本から顔を上げる。
慌てて立ち上がり、玄関へと急ぐ。
『やってしまった』
そう思いつつ、慌ててロックを外し、ドアを開ける。
そこには電話の主──デオンがいた。



その姿に息をのむ自分を玄関に残したまま、デオンはずいと上がりこみ、廊下を進んでいく。
慌ててその姿を追う。
開いたままのリビング──先ほどまで自分が本に没頭していた空間──のドアの前で、足を止め、彼は叫んだ。
「なんだ、これは!?」
「・・・・・」
彼がそういうのも無理はない。
部屋は・・・足の踏み場がないほどの本で埋め尽くされていた、から。
時間に余裕があったものだから、せっかくだから・・・と、
分類しながら片付けようとして、逆に広げて。
その後、つい、久々に手にした本に目を通しだし・・・。
「・・・本当にお前の部屋は、非現実的な空間だな」
呆れたように、デオンが振り返って言う。
デオンにとっては非現実、自分にとっては現実的な空間。
言い返そうとして、ちらりと顔を見れば。
「なんだ?」
と聞かれる。
「俺にしてみれば、デオンのほうが非現実」
「あ?」
言われた意味がわからない、そんな返事。
そっと手をデオンの顎に添えて、上下させる。
のびた無精ヒゲがじょりじょりした感覚を手のひらに伝えてくる。
「小汚いよ?」
「こ・・・」
デオンは余りの言われように絶句して、
「シャワー借りるぞ」
そういって、バスルームへと姿を消した。

-----------------

当時の距離感はこんなもの。
今だったら、ハグしてやれよ~って思う(笑)

多分、これ、たかさんのところの『ただの物語 断片43 作戦』後の話らしい・・・。

デオンにとって、軍生活が現実だったのか、ルークと過ごすのが現実だったのか?
どっちだったのだろう???

ま・・・これだけギャップがあれば、脱力して、息抜きになったのかもしれない(遠い目)
昨日の“絶対、悪魔”へのm美ちゃんのコメント読んで、乾いた笑いをした私。

>困るというか、wakka○さん照れてるんですよね。w
>恥ずかしがらない恥ずかしがらないー。


m美ちゃん、鋭いっ。
はい、照れている部分が多いです、実は。
悶絶しつつも・・・も~受け入れちゃってるから(爆)

第一、相手がエルンストだと、こんな感じ↓

スピコミ130

はははは・・・。
腹に枕されようが、足を乗っけられようが、
悪巧み顔で迫られようが、全然平気っ

も~ね、感覚は
 でっかいネコがじゃれている感覚。
です。ハイ。

Dさんも慣れたもので、シチュエーション的に押し倒されているように見えても、
全然気にしません(笑)
きっと彼の目にも、でかいネコ2匹がじゃれているとしか見えてないのだと思われますwww
え~~っと、下(本体)の私、年明け早々から凹みまくって、
ネガティブスパイラルの中にどっぷりおりました。
今日辺りから浮上し始めましたが・・・。

その間、ま~、上とのつながりはイマイチ

・・・が、唯一、感知できたのが・・・こんなの↓

 スピコミ128

だ~~~~っ。
しかも、1回だけじゃなくて・・・日々これ。
同じ様だけど・・・シチュエーションが毎回違う。
・・・つまり、同じシーンを繰り返し感知している・・・ってんじゃないってことで・・・。
同じシーンを感知していると思いたかったのに・・・無理(T^T)

つながる度に、これじゃぁ・・・。

『だぁぁぁぁぁぁ!』
頭を抱えて、悶絶したのは言うまでもありません。
で、思ったこと。
『絶対、悪魔だぁ!!』
本体の私をこんなに悶絶させるなんて、悪魔でしかないでしょう~。

オマケに・・・気づいてしまった・・・↓

スピコミ129

そう、腕の位置が・・・。
ははははは・・・。

年末から、らぶらぶでいいね~~>悪魔さん


おかげで・・・完全、どっぷりネガティブスパイラルに浸りきることができなかったのが救いかな?

だって、これ感知させられると、本体も一時的にポー(///∇///)
でした、実は(笑)

でも、本当、本体を悶絶させるなんて、本当悪魔だ!
           
あけましておめでとうございます
昨年はたくさんのご縁に恵まれ、
 そしてたくさん支えていただいた一年でした
どうもありがとうございましたm(__)m
本年もよろしくお願いいたします

          




かほりんの昨日の記事のコメント
>来年のラブラブ更新、たのしみにしてまーす★
に触発されたわけじゃないんですけど。

新年からノロケさせてもらっちゃいましょう~。

(開き直るしかない、私の葛藤を誰か察してくださいませ、
 ボソッ)



昨夜の大晦日。
本来の予定では、ワタクシ、ちゃんとカウントダウンまで起きていて、新年になってから寝るつもりでございました。

・・・が、お風呂に入った途端、がっつり寝落ち。
もちろん、これは上の人絡みだったのは言うまでもなく。

------

え~っとお風呂の中で感じたのが、警備でお忙しそうなエル・フィンさんのところに、
デオンと二人で「お疲れ様~」って冷やかしに行っているところ。

その時点では、エル・フィンさんがツインさんと年越しをご一緒できるかなんて、
知らなかったにも拘らず、こちらは二人揃って
にこやかに(別の表現をすればらぶらぶと言うのだろう・・・)でって・・・。
『二人揃って性格悪い~』と本体の私は突っ込みましたよっ、たかさん。←一応自分の名誉のためw

「お前ら二人揃って・・・」と冷ややかな視線をよこすエル・フィンさんに、
「頑張れよ~」って二人でにんまり。
(本当に性格悪いと思う)

その後、年越し前に挨拶をしておきたいところ・・・。
多分、うちの父様とデオンの関係の方々?にご挨拶に回ったんだと思う。
この辺の詳細は全然アウト

--------

ここまでが、お風呂にてなんだけど。
起きてみれば、30分ほど寝てました
(30分ほど寝てても誰も心配しない、我が家の家族って・・・)
しかも、眠い、眠い~~。
ヨロヨロとお風呂から出てきて、紅白を見るも、イマイチ。
一度、嵐で盛り上がったんだけど、嵐が終わったとたんに襲い掛かる睡魔。
「ダメだぁ・・・、寝るわ」と宣言し、布団へ。
即、つながりました。

--------

あちこちにご挨拶をし終わった二人、どっかの広場のカウントダウンに参加中?
ここ、結構な混み具合。

実は・・・エル・フィンさんのところでも感知してたんですが、
30日以来、二人の立ち位置が変わりまして
カット48
本当にね・・・“肩を並べて”って表現がぴったりなほど、
並んでいたいたんですよ、今まで二人が。
(多分、イベントの時にお会いした時もそうだったはず)
──が、今回は違った(o-_-o)ポッ
カット49
うわ~~~~~~っっっ(〃ノωノ)ハズカチィ

(しばし悶絶・・・やっぱりせずにはいられなかった・・・)

混んでいたのもある・・・と、思いたいんですが
ま~ね~、カットのように、抱えられるようにねぇ・・・(o-_-o)
 あ゛あ゛あ゛~~~(もう一度悶絶中)

思わず、本体の私は、先日のデオンの“座右の銘”を思い出しました(爆)
ええ↓これです

 座右_デオン

あながち外れじゃなかったんじゃないかと・・・思ってもいいよね?
現金すぎるよっ。>Dさんっ
・・・いや、それだけ、今までいろいろ配慮してくれてたんだとは思います、はい。ちゃんとわかってはいますが・・・

カウントダウン前に
L「でもさ~、これって地球時間での新年だよね?
  星が違えば、新年も違うわけじゃん。
  だから、上は万年お祭り騒ぎなのか~」
D「ルーク、お前・・・それを言ったら見も蓋もないぞ」
  (つまりロマンが吹っ飛ぶと言いたいらしい)
L「え?そう??」
なんて会話をwww

いや~、第一、同じ地球時間でも時差があるから、新年を迎えるタイミングも違うわけでしょう~。
でも、直感的に考えると、上では同じタイミングで新年を祝っているのを考えると、
時間って本当に直線的なものじゃないんだなぁ・・・って思いましたわ、私自身もw
(こういうところはやっぱり、ルークと私は同じなんだよねぇ)

その後、カウントダウン。
年が変わった直後にたくさんの花火が打ち上げられ、それを見届け、
「今年もよろしく」と言い合って、キスしてました。

-------
ここまで感知して、その後は寝落ちでした。
きっと、記事にさせちゃおうってことだったんだろうなぁ・・・。
はいはい、ご馳走様です。(自分のことなのに)

新年早々、らぶらぶモードの二人です。
え~、近寄るな危険です。
当てられますからね?

そんな訳で、幸先よい(?)スタートを切らせていただきましたw
改めて、今年もよろしくお願いいたしますm(__)m
Calender
プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2010年01月 | 02月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


最近の記事
最近のコメント
リンク
FC2カウンター
プロフィール

wakka00

Author:wakka00
アロマ・レイキの勉強中。
神秘幾何学なんかも大好きです。
一昔前を考えたら、これって魔女かも!?
魔女見習いの奮闘を日々お送りしてますv

mixiバナー
mixiもやってます。
突っ込んだスピ話はマイミクさん限定♪

じぇいど♪さんのところのなにみえ遠足3期生。
ステーションやクリロズ、アカデメイヤに挑戦中。

 
チャットしてください
 Skype:wakkakka00

--------------

なにみえカードFlash版バナー

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード
グリムス
moon calender
Mail Form

Name:
Mail:
Title:
text:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。