上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「アシュー、ちょっとこっちへ来て」
そういって、スウィリーが自分の腕をとり、歩き出す。
「スウィリー!?」
咎めるように声をかけるが、全然気にせず、グイグイと腕を引っ張っていく。

スウィリーに連れて来られた先は、庭のはずれにある東屋だった。
「アシュー座って」
真剣な顔で言われ、しぶしぶ、東屋に据付の椅子に座る。
「どういうこと!?」
次の瞬間に聞かれる。
質問の前から、スウィリーの聞きたかったことは察しがついていたけれど、改めて聞かれると言葉に詰まる。
スウィリーの顔をじっと見たまま、しばらく言葉を選んでいると、焦れたように
「△△△のことだよっ」
と言われる。
『やっぱり・・・』
「・・・・・・」
それでも、なんて言ったらいいのかわからずに無言でいると、
「何で会わないの!?」
と、さらにさらに突っ込まれる。
「会いたくないから」
思うままに答えたら、ぎりっと睨まれた。
△△△からの連絡の返事もせず、面会もすっぽかすことを数回繰り返していて、今日も面会をすっぽかしたところだった。
「アシューがいないもんだから、結局、今日も僕が話す羽目になったじゃないか~」
今度は恨めしげな顔で言う。
「・・・でもさ、スウィリーのところの○○○○(世話人)はそんなに来ないし、
 ちょうど話ができて、いいんじゃないの」
思いついたことを言えば、ピキッとなって、睨みつけられる。
『あ、地雷だった』
そう思っても、口から出た言葉は戻すことができず・・・、
「ごめん」素直に謝る。
そうすれば、スウィリーも顔を緩める。
「でもさ~。
 何があったか知らないけれど。
 このまんまじゃダメでしょう。
 ちゃんと話さないと」
「うん・・・」
あれから数ヶ月経つけれど、まだ思い出すだけで胸がキリリと痛い。
『いつか・・・話せる日が来るのかな』
その日が来るのを、今の自分には信じることができない。
瞳を伏せる。
そんな様子を見ていたのだろう。
スウィリーがイタズラそうな目をして、自分を小突いた。
「なに?」
「あんまりさ、意地張っていると。
 僕がもらっちゃうよ~」
言われて、はっと気付く。
そうだ、△△△が世話人から降りればしばらくは会わなくて済む。
「いいよ。じゃ、△△△はスウィリーの世話」
ドン
ガン
「痛いっ」
最後まで言い終わらないうちに、スウィリーに思いっきり突かれ、頭と肩を壁にぶつけた。
「ふざけるなよっ。
 なに言ってんのっ!」
「~~~~っ。
 ふざけている訳じゃないよっ」
そういって、こちらもスウィリーの体を突く。
スウィリーは予想していたようで、ちょっとよろけただけだ。
「じゃ、なんなのっ?」
勢いづいて言い返しそうになり、我に返る。
「───言えない」
「も~~~っ、アシューのバカッ」

最後は取っ組み合いのけんかになった。

---------------

スウィリーも愛称です。
僕って言ってますが、その一人称がぴったりだなって思って使っているだけで、当時はこの人も中性体。
腐れ縁の・・・某さんですわ、この人が。

この当時は本当に子どもでしたね・・・(遠い目)
スピコミ122

こちらの人にも相変わらずお世話になってます(苦笑)

初めてエルンストのお部屋にお邪魔したのが・・・この記憶って
『この距離』っていうのは、FT内で、ちょっと歩けば自分の部屋まで行けるのにってことw
ま~~~、それだけ、自分の部屋に帰りたくなかったんですけどね。

結局、エルンストが心話でデオンと会話して、デオンが部屋まで迎えに来ました。

D「一人で考えたいんだと思って放っておいたら・・・」
と、呆れ半分で言われ。
L「・・・・・・・・」
エルンストにグイと手を引かれ、立ち上がらさせられて、背中をぐいぐいされ、
E「はいはいはい。じゃ、回収よろしく~」
と、部屋から追い出されました

その後は・・・リビングにて。

スピコミ123

ユウを寝かせて、こそっと様子を見に来たエルンスト。
結局焦れったくなって~(爆笑)
本当に面倒見がいいんだからwww


何で、エルンストがステーションのクリスマスディスプレイを知っているのかというと。
実は、月曜(12/14)の晩、ユウをつれて遊びに行ってきたから。
ユウはローウエストのレトロ調ワンピースに、ブーツを履いて。
ぽわぽわのゴムで髪を留めてもらってました。
(すごいリアルに感知できたw)

カット47


エルンストの「ステーションのクリスマス」に「???」の二人だったけれど、
とりあえず、追い出されたことだし、と出かけることに。
ついでになにみえ広場のツリーまで足を伸ばして帰ってきました。
・・・だからと言って、変化はなくて。
相変わらずの、距離感です。
ごめんなさい・・・心配をしてあれこれ気にかけてくれている皆さん。

うまく言えないんですが・・・なんか・・・・・・うん。
多分・・・アシューの時代の話も影響しているのかと?
プラス本体側の問題でしょうね・・・。
もうしばらくかかりそうですが・・・超えちゃえば笑って話せるようになるでしょうし。
まだまだ、気を揉ませてしまうかもしれませんが、温かくお見守りくださいm(__)m
彼女(本来は中性体。ただ・・・女性のように感じる)は私がそこにいることに気付かなかったのだ。

「いいわね。あなたの子~。△△△さん。
 ○○○のお子さんの世話係なんでしょう?
 見初められてツインに・・・なんて話があったりして」
「まぁ素敵」
「いいわね~」
口々に言われる彼女。
が、彼女の顔はどんどん曇っていく。
そして、口を開いた。
「嫌よ。
 左右の目の色が違うなんて変だわ。
 第一、○○○の子って言っても、結局は実験体でしょう。
 どこかに欠陥があるかもしれないじゃないの。
 ○○○の子とかじゃなくて、ごくごく普通の人とツインになって欲しいわ」
思わず静まり返ったその場。
が、次の瞬間。
羨ましがっていた数人のお喋り友達も、彼女の言うことがもっともだと思ったのだろうか、
「そうね、言われてみれば・・・所詮、実験によって生まれたんだものね」
「確かにねぇ・・・瞳の色が違うというのは・・・なかなかいないものね」
「つり合うくらいがちょうどいいのかもね」
などと、口々に言い出した。

余りの衝撃で、ガタガタと震える足で立ち上がり。
彼女達に見つからないようにそっと、その場から離れる。

話に夢中になっていた彼女には、気付かれることはなかった。

---------------

当時も左右の目の色が違っていたようです
『愛するアシューへ
 元気かい?
 最近顔を見ていないので、○日に会いに行きます。
 ちゃんと学習が終わった頃に行くから、
 この間みたいに、脱走はしてきてはだめだからね。
 君に会えるのを楽しみにしています。
                       △△△』

毎日、何度も何度も読み返した手紙。
学習時間の合間、休憩時間。
それをもう一度読み直し、日付を確認する。
ちらりと時計を確認すれば、まだ学習時間の終わりまではかなりある。
でも、自分は知っている。
△△△は“学習時間の終わりに来る”と言っていて、
実は、もっと前からこちらに来ていることを。
離れている間の自分のことを知ろうとして、寮舎の担当や、
学習の担当者などを訪ね歩き、様子を聞いているのだ。
チラと様子を見れば・・・他の子ども達はそれぞれのことに夢中で。
自分の行動を目ざとく見つけては注意してくれる友人も、今は不在だ。
そ~っと、先生が来る前の開け放されたドアから、教室の外に出る。
そろそろと、次の角まで進んで。
キョロキョロ
誰もいないのを確認して、駆け出した。

--------------

早速出します、アシュー。一応、愛称です。本名が微妙なんで保留中。
え~~っと、SpaceGシリーズの・・・小さい頃の話です。
じぇいど♪さんのところと某様のところで見た、座右の銘に大笑い!

睡眠不足の妙なテンションで、勢いづいてやってしまいましたw
そしたら・・・自分のところでは苦笑い

なんですか!?これっ。

まずは本体、wakka○は~。

 wakka_座右

はい、文字通り、
『色気よりも食い気ってことね』
・・・って素直に思いましたw

で、ルーク。

 ルーク_座右

『・・・何で?コレ??』

思いついて、ルースもやってみたw

 ルース_座右

・・・・・・・。
 ちょっと!
 なんで3人してネタが食べることばかりなのさっ』

恐るべし・・・座右の銘メーカー

ついでに・・・。
最近DLラッシュで、どこから書いていけばいいのか・・・なんだけど。
『多分、この話を出すのがいいんだよね?』ってところで出てくる、過去の人の名前???
(SpaceG時代の名前です)

アシュー_座右

・・・笑うに笑えないですって
こちらも長い話なんですが・・・いずれ詳細を見ていただければ、
笑うに笑えない私の心境もわかっていただけるかとw




勢いづいて・・・あの人達もやってみた。

 座右_デオン

え~~~っと、突っ込むのが怖いんですが。
『何のいろんなところを触りたいのでしょう??』
帰ったばかりなんですが・・・避難させてもいいでしょうかw

そして、エルンスト。

 座右_エルンスト

押せ押せタイプのあなたには・・・(以下省略)


いや~~、恐るべし(大笑)座右の銘メーカーwww
え~っと枯葉シリーズのコメントで、
たかさんが
>確かに踏みましたねぇ。
>その時ちょうどウン十回目のかの失恋した時だったよーです。
>……かきます??

・・・って。
書いてくださいました~
 【ただの物語 断片44 枯葉】

ここ数日、どっぷりと“Dark Age”シリーズだったのに・・・うちのルースが踏まれた話って
脱力させて、すみませんねぇ・・・。

この話を読んで気付いた方いらっしゃいます???

ルース(ルーシェ)はエル・フィンさんに踏まれてます。
・・・が、ルークは一度たりとも踏まれたことはありません。
ま~、たびたび、某Dさんには発見されてますがw

このは何か?

わかります~~~??



ルークはその辺に寝ないで、結構、人がこなそうな、通り道にならないところを選んでました。
うん、結構、普段からちゃんと観察(?)してましたね。


が、ルースはその辺、大雑把で、寝たいから寝るっ。
気分に浸りたいから、浸るっ、って感じで。

結果・・・

失恋した~
おっ、枯葉じゃん
うん?ちょっと集めてみるか。
 ガサガサガサ
 ゴロン
 ボーーーーッ
「イタッ」

みたいな???
見もせずに、行き当たりばったり・・・で。
だから踏まれるわけです(爆)

踏まれるようなところにいるのが悪いんだけど。
なぜか憎めないのがルース
頑張れ~、兄ちゃん♪♪(大笑) ←だから、自分だってw

こんなところまで、対極じゃなくてもねぇ・・・
物語じゃなくて・・・、考察。

覚えているってことがしんどくて、結局自分を傷つけることしかできなかった、
“Dark Age”時代。
レイさん、エルスさん(=エル・フィンさん)と3人のバランスが、本当に支えで。

その支えであり、3人の沈みがちな気持ちを盛り立てていた、レイさんの死。
らしくて、逆にあの世界から卒業できたのが、ちょっとだけうらやましくて。
(いやさ~、大きなスパンで見れば、レイさんが亡くなって、自分が死ぬまでなんて、
 たいして大差はなかったのだけど)
悲しみよりも、『よかったね』って気持ちが大きくて。
人の死を、そんな風にしか思えない、自分にまたショックを受けて。

でも、その中で気付いたこと。
Dark Age ~脱却~


気付いてしまえば・・・、逆に、“Dark Age”時代は楽でした。
記憶があるのだから。
何度も思い返して、暗くなりがちな感情を修正してた覚えがあります。
3人でいたときは、めったに心からなんて笑えなかったけれど、
笑える時間もほんのちょっとずつだけど、増えてた気がします。

大変だったのは、その後。
前世を忘れてしまう世界では、覚えのない、空虚感とか欠乏感が自分の中にあって。

ただ・・・一度掴んだものというのは、支えになってくれるんでしょうね。
幾度となく、『投げ出したい』と思うことがあったのだけど、その度に、
『結局は自分で乗り越えていくしかない』ってところに戻って、再度、歩き出す。
(実際、現代でだって・・・何度となくそう思ったことがあるし)

あの時代の気付きが、その後~今まで続いている。
そう思うと。
“Dark Age”時代でお世話になった、レイさん、エルスさんには大きな感謝を
危なげな3人を遠くから見守ってくださっていた、学院長様にも大きな感謝を
本当にありがとうございました。



・・・って。
実は今になってもお三方にはお世話になってますね。
ありがとうございます


今回のケンカでは、エル・フィンさんは「何で俺が・・・」と言いつつも、
二人の間に入ってくれようとして、結果としてルークに絶対零度で微笑まれ
まだ、二人が仲直りしていないと知ったレイさんは、昨夜、二人を引き合わせてくれました。
本当に・・・ありがとう

仲直り直後に、“Dark Age ~脱却~”の記憶を思い出し。
今のありがたさを実感しています
ご心配をおかけした、皆さん、ありがとう
よしひなさんの“Dark Age ~Angel's Tale~ ”を読んで。
 (よしひなさん、勝手にリンクごめんなさい~)
  
不思議と、シンとした感じ。
なので、コメントもちょっと薄情気味なコメントで。
今日は子ども達の習い事の送迎があって。
車の中で待っているうちに転寝。
ふと、目が覚めて、携帯からmixiをチェックして、
よしひなさんからの返コメ読んでいるうちに、ぽろっと涙が出た。

その後、ボーっとしていて・・・思い出した??

・・・それとも、こんな風に生きたかった???


--------------

暗い空間。
自室。
ただ、いくつかの電子機器のランプが点いていて、真っ暗とまではいえない。
そんな中、ひざを抱えて座っている。

ずっと、ずっと座り続け。
体の感覚が曖昧になっていく。

ここで・・・自分もこの体を手放すことができたら、どんなに良いだろう。
でも・・・それは許されない。

『誰かに代わってほしい・・・』
この意識を乗っ取ってくれればどんなに楽だろう。
・・・が、そんな望みなどかなえられることもなく。
『結局は自分でやる(生きる)しかないんだ』
自嘲めいて思う。

と、差し込む一筋の光?
『なんだ、こんな簡単なことすら忘れていたのか』

『結局は、生きていくしかない』ってこと。
どんな形でも。
哀しみを抱えようと、痛みを抱えようと。

愛した人を思い出す。
最後の記憶は、変わり果てた姿で。
思わず身震いをする。
失うかもしれない恐怖。

何度か深呼吸。

『大丈夫。
 自分を残して逝くはずがない。
 自分を独りになんて、できない人なのだから』
自分を独りきりにすると思ったら・・・這ってでも、何が何でも生き返えろうとしそうな人だった。
くすりと、思わず声が漏れる。

次々に思い出す記憶。
反芻することすら、怖くてできなかったけれど、今は違う。

『信じよう。
 あの人を。
 そして、あの人が愛してくれた自分を』

「隣で笑っているだけで、幸せだ」と目を細めて言われたことを思い出す。

『同じ時間ならば・・・。
 超えて・・・待つしかできないのなら。
 笑っていこう。
 もう一度、会える時を信じて』


大事な・・・大事な友を失った夜の決意。


そして、歩き出す。

--------------
すぴこみ121

やっと描けた(笑)

エルンストはあくまでも冗談だったのだろうけれど、
ユウにしてみれば、大好きなエルなのに、「うん」とは言えなくて。
困惑・・・ってか・・・葛藤?

誰か、嫁に行ってやってくださいwww
え~、今もケンカ中なんですけど。
・・・というか、こういうのこそまさに、『引くに引けない状態』って言うのかもしれませんが。
上も本体も、変なところで頑固だし、意地っ張りだし。
『わかる~』と『いい加減にした方がいいよ』がぐるぐる。
結果、やっぱり自分なんだなぁ・・・と感心したりして? ←する間があったら帰せって。
(現在、フェーンさんのところに家出中)

・・・で、ケンカ中ってね~、気分が音楽に反映されるんでしょうかねぇ・・・。
昔から、音楽に出やすい&メッセージとしてもらいやすいってのはあったけど、
今回はすごい現金

まずは・・・“自由への招待”/L'Arc~en~ciel

 

歌詞はこちら http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND18725/index.html

特にさびの部分の
“悲しいほど 君に 伝わらない”
とかさ~
“逢いたいのに いつも 上手く行かない”
“こんなにも そばに いても遠く”
とか。・・・まんまじゃん

本体モードで、なんかね~頑張りたい気持ちも、すごくわかるんだけど、
これ、頭の中をぐるぐるされていると、
『も~さ~、会いたいんだったら、意地張らずに会いに行きゃいいじゃん』
みたいに思えてくるわけですよ。

・・・そうこうするうちに、共有エリアで、Dさんに偶然遭いまして。
充電

そしたら・・・

 

“哀しみはきっと”/UVERworld
歌詞 http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND84648/index.html

歌詞は・・・ちょっと哀しいんですけど、本人的には『頑張るぞ~!』の方で選曲w
“僕は 避けて生きるだけの 人になりたくない
 辛いのはわかっているけど 明日笑えるように”

“誰にも奪えないから 明日を笑って迎えるために”
に現れているのかな?
本当にね・・・“奪えない”んだよなぁ・・・って、しみじみしてましたし。

そして、今朝起きたら・・・。
気分は、英語で“Catch me if you can”でした。
え~、ご本人に伝えれば、直ぐにでも捕まっちゃうので、思うだけw
 つ~か、物理的に離れていることはできるけど、結局心はとっくの昔に捕まっている気がする

・・・結果。

“君色”/コブクロ

 

歌詞 http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND57306/index.html
はいはいはい。
そ~~~ですね、も~~~、病気です。
どうせ治らないんだから、素直になりましょうね~。
はっ。元は自分か

一応・・・ただ好きなんじゃなくてね、
“飽きられぬように 男 あげてゆかなきゃ”
みたいな、安穏とせずに磨きをかけていく、気持ちはあるってことで、この選曲なんだろうとw

・・・と、もう一つ。

“やさしい気持ちで”/Superfly

 

歌詞 http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND80735/index.html
さび・・・そのものかな
“あなたがいて、わたしになる
 幸せにはきっと、ひとりきりじゃたどり着けない”
“あなたがいて、わたしになる
 幸せとはきっと、ひちりきりじゃつかめないもの”





あ~~~打っているうちに、我ながら馬鹿らしくなってきた。
打っている本人がこれだもの、心配してくださった方は、さらに脱力ですよねぇ。
ごめんなさいm(__)m


mixiの方で、たかさんが、今回の件で、
>な~んだ、結局ただの痴話げんかじゃん。
ってコメントくださって。
その頃は、渦中も渦中だったから、
>痴話げんかと、けんかの差ってな~~に~~~?
>どうなると“痴話”が付くの?
>  屁理屈モードになってますw
>  つまり、痴話げんかじゃなくて、けんかだと言いたいらしいw

なんて絡んでねぇ・・・(爆)

・・・・・・・・まんま痴話げんかだ
やっと自覚しました。←遅い!?

し・・・しばらく、隔離しておきます。
お騒がせしましたm(__)m
Calender
プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2009年12月 | 01月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事
最近のコメント
リンク
FC2カウンター
プロフィール

wakka00

Author:wakka00
アロマ・レイキの勉強中。
神秘幾何学なんかも大好きです。
一昔前を考えたら、これって魔女かも!?
魔女見習いの奮闘を日々お送りしてますv

mixiバナー
mixiもやってます。
突っ込んだスピ話はマイミクさん限定♪

じぇいど♪さんのところのなにみえ遠足3期生。
ステーションやクリロズ、アカデメイヤに挑戦中。

 
チャットしてください
 Skype:wakkakka00

--------------

なにみえカードFlash版バナー

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード
グリムス
moon calender
Mail Form

Name:
Mail:
Title:
text:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。